1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 5月の草花>
  4. クララ
【科名】
マメ科
【和名・別名】
眩草、苦参/別名クサエンジュ Sophora flavescens
【撮影日時】
2015年5月17日(日)/10時26〜46分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町納官宝来道沿い、野間大平県道沿い
【名前の由来】
***
【コメント】
クララはあまり見かける機会が少ない草花です。場所が限られているかもしれません。
しかし、開花時期はすでに過ぎています。咲きはじめは、黄色の花びらですが、次第に黄褐色に変わっていきます。花びらが穂状になっているのが特徴です。
クララは有毒植物なので、十分ご注意ください。
クララ

クララの開花時期は、4〜6月です。種子島でもあまり見かける機会のないクララです。

クララ葉

写真は、クララの互生の葉です。小葉は、2〜3センチの奇数羽状複葉です。

クララ花

写真は、クララの花です。花びらの先端は、口を大きく開けたような感じになっています。次第に実が熟してきます。

クララ花

クララは、全草有毒です。根は、生薬として利用されています。何かと役に立っている草花です。クララは、鹿児島県では準絶滅危惧植物に指定されています。

クララ群生・花

日当たりのよい道端で群生しています。総状花序で、淡黄色の花を多数つけています。花の長さは1.5〜1.8センチです。

2013.12.17〜