ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 5月の草花 > イヨカズラ

【 草花の諸データ 】

【和名・別名・学名】
伊予葛/別名スズメノオゴケ/Cynanchum japonicum
【撮影日時】
2010年5月2日/8時31分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市下西川迎城ノ浜海岸、住吉志和野海岸
【名前の由来】
愛媛県の伊予地方で発見されたため名前がつけられています。

【 生態状況 】

イヨカズラは、初夏の海岸で、花を咲かせてくれます。

花びらの直径は1センチ前後で、薄黄色の星形をしたものを多数つけています。葉は楕円形です。背丈は30〜50センチくらい。

種子島の各地の海岸で観察できます。

イヨカズラの花期は、5〜10月です。背丈は、30〜50センチです。海岸の草むら付近で多く見られる多年草です。

イヨカズラの上部の花

茎の上部の葉腋に、薄黄緑色の花をつけます。その形は、星形になっており、先端部は鋭く尖っています。【平成17年9月17日撮影】

イヨカズラの花

花の直径は、7〜9ミリです。ほとんどの花が、そり返っているのですが、写真のものは、そり返りがほとんどありません。【平成17年9月17日撮影】

イヨカズラ
イヨカズラの群生

イヨカズラの葉は対生し、短い葉柄があります。葉の長さは、3〜10せんちで、幅は、3〜7センチの楕円形です。葉は厚く、表面は光沢があります。【平成17年9月17日撮影】

2016.9.5〜