1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 5月の草花>
  4. ノアサガオ
【科名】
ヒルガオ科
【和名・別名】
野朝顔
【撮影日時】
2016年5月26日(木)/10時41分〜10時48分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市現和庄司浦・国上中目
【名前の由来】
***
【コメント】
ノアサガオは、いつでもどこでも咲いているので、季節感を感じさせてくれません。全般的に、日当たりのいい道端や海岸付近でよく見かけます。
ノアサガオは、午前中は紫色をしていますが、午後になってくると次第にピンク色に変わってきます。時間の経過によって、花の色が変化します。
また、花の中心部が光っているみたいで、近くで見ると大変鮮やかです。
種子島では、たくさんの野あさがおを見ることができます。そして、野あさがお写真館を設置し、各地のノアサガオを紹介しています。
ノアサガオ

ノアサガオの花期は、6〜10月とされています。暖地種子島では、ほぼ通年花を見かけます。特に海岸に近い場所で、大群生していることが多いです。

ノアサガオ花

写真のノアサガオは、午前中に撮影したもので、青紫色になっています。花の直径は、6センチ前後です。

ノアサガオ群生

人家近くで群生することもあります。通常、種子島で見れる野あさがおです。場所によっては、これより薄い水色のものも見られます。

ノアサガオ群生

ノアサガオの葉は、ややハート形になっています。葉の裏面や柄は、毛が密生しています。【平成28年5月18日撮影】

ノアサガオ

午前中は、花の色は青ですが、午後になると青から赤へと変化します。【平成22年5月3日撮影】

2013.12.19〜