ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 5月の草花 > スイゼンジナ

【 草花の諸データ 】

【科名】
キク科
【和名・別名】
水前寺菜/別名/ハンダマ Gynura bicolor
【撮影日時】
2016年5月26日(木)/10時51分〜10時56分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市上西大広野
【名前の由来】
***

【 生態状況 】

スイゼンジナは、沖縄や奄美では野菜として栽培。種子島でも食用にしています。それが野生化しているのでしょう。

スイゼンジナの原産地は熱帯アジアといわれています。18 世紀ごろ中国から日本に伝わり、九州では熊本市の水前寺で栽培されていたことからスイゼンジナと呼ばれています。

頭花を見ると、紅色と黄色が混在しています。おそらく黄色から紅色に変化するのでしょう。

初夏のころ、黄色あるいは、橙色の花を咲かせます。そのころ、種子島では、アサギマダラが花の蜜を吸うために集まっています。

黄色の頭花

夏に咲く花は黄か橙色で、1.5〜2センチの小さな頭状花です。次第に、紅色に変化します。

白い綿毛状の頭花

5月下旬ごろになると、白い綿毛状になっています。これが多くなると、アサギマダラは去ってしまいます。

スイゼンジナ
二色の葉

スイゼンジナの特徴は、葉色が二色あることです。表が濃緑、裏が濃紫色をしています。葉質はやや厚めです。

スイゼンジナに寄ったアサギマダラ

5月12日の状況です。たくさんのアサギマダラが集まっていました。

2013.12.21〜