1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 5月の草花>
  4. リュウキュウバショウ
【科名】
バショウ科
【和名・別名】
琉球芭蕉/別名イトバショウ(糸芭蕉) Musa balbisiana Colla var. balbisiana.
【撮影日時】
2010年5月3日/11時15分〜11時21分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市住吉深川国道58号線沿い
【名前の由来】
***
【コメント】
リュウキュウバショウは、暖地に生える多年草です。こちら種子島でもたくさん自生しています。海岸付近から内陸部の川脇川沿いでも見かけます。したがって、自生範囲も広範囲です。
写真の場所は、国道58号線沿いに自生しているリュウキュウバショウです。西之表市住吉深川から中種子町牧川にかけて、水田の土手付近で生えており、防風林としての役割もあります。
したがって、海岸付近では枯れた葉もありますが、塩害にも強く丈夫なリュウキュウバショウです。実はバナナによく似ており、もちろん、食べられます。
写真でも、緑の実が確認できます。
リュウキュウバショウ

リュウキュウバショウの花期は、7〜9月と言われています。中国原産の大型の多年草です。種子島では、海岸付近から内陸部にまで生えています。

リュウキュウバショウ海岸・群生

写真は、海岸付近のリュウキュウバショウです。塩害や風雨により、かなり傷んでいます。また、ほとんど、葉は裂けています。

リュウキュウバショウ花

写真は、冬のリュウキュウバショウです。花を咲かせた状況です。飽きには、実が熟します。

リュウキュウバショウ葉・海岸

海岸の近い場所のリュウキュウバショウです。防風林として大きな役割を果たしています。

リュウキュウバショウ茎・葉・群生

海岸付近では、特に葉が傷んでいます。茶色に枯れているものが多いです。

2013.12.15〜