ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 5月の草花 > ベンガルヤハズカズラ

【 草花の諸データ 】

【科名】
キツネノマゴ科
【和名・別名】
ベンガル矢筈蔓/別名グランディフロラ Thunbergia grandiflora
【撮影日時】
2017年5月30日(火)/8時41分〜8時50分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町野間中山
【名前の由来】
***

【 生態状況 】

ベンガルヤハズカズラの原産地は、熱帯アフリカといわれ、沖縄を中心に見られる多年草です。

本来なら鉢花として楽しまれているのですが、写真のものは野生化しており、ものすごい繁殖で広範囲に生えています。一面に開花しており、その花数に圧倒されます。

持ち主によると、かごしまフラワーパークで手に入れたものが野生化してしまったそうです。薄いブルーが素晴らしいです。

ベンガルヤハズカズラは、ほぼ通年花を咲かせていますが、通常、5月ごろが一番の見ごろです。高い樹木に絡みつき、覆いかぶさった様子は、すばらしいものがあります。

ベンガルヤハズカズラ花・苞

萼のように付いているのは2枚の「苞」です。これを「矢筈」に準えています。そして、この苞から花が出てきるのです。花の大きさは、直径5〜7センチです。

ベンガルヤハズカズラ茎

写真は、茎です。葉は対生してつけます。葉の大きさは、10〜20センチの卵形から楕円形で、先はとがっています。

ベンガルヤハズカズラ
ベンガルヤハズカズラ多数の花をつけた状態

こちらは、樹木に絡みつき、覆いかぶさった様子です。花を多数つけており、見事な開花状況です。

2013.12.15〜