1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 5月の草花>
  4. ツルナ
【科名】
ツルナ科
【和名・別名】
蔓菜
【撮影日時】
2015年5月17日(日)/11時32〜52分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市住吉灯台付近海岸
【名前の由来】
***
【コメント】
ツルナは海岸に生える草花です。写真の場所は、牛野岩川の河口付近に生えていたものです。写真でも分かるとおり、葉の付け根のところに花が咲いているのが特徴です。
ツルナの葉は食用にもなるといわれています。葉に触れてみると硬そうに見えますが実際は軟らかいです。
根が斜めに這うように生えています。種子島でたくさん見ることができます。
ツルナ

ツルナは、海岸に生える多年草の植物です。開花時期は、4〜11月です。横に這うようにして広がり群生することもあります。

ツルナ

写真は、石の間に根を張りだしたツルナです。全体的にやや薄緑色で黄色くなっているものもあります。

ツルナ花・茎

ほとんど花の形が崩れています。葉の付け根付近に黄色の花を1〜2個咲かせています。

ツルナ

葉は、互生し、長さ3〜7センチの卵状三角形です。外側にそり返るようになっているのが特徴です。高さは20センチくらいです。

ツルナ黄色く変色

葉は、実をつけるようになると、黄色く変色してきます。先端部は花をつけていますが、すでにとげ状の突起物も見られます。

2013.12.21〜