ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 5月の草花 > カクチョウラン

【 草花の諸データ 】

【科名】
ラン科
【和名・別名】
鶴頂蘭 Phaius tankervilleae
【撮影日時】
2017年5月25日(木)/12時00分〜12時07分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市いこいの森周辺
【名前の由来】
咲いた花の形を鶴に見立てたものに由来します。

【 生態状況 】

カクチョウランは、絶滅危惧指定になっている植物です。鹿児島県では絶滅危惧1、環境省カテゴリーでは絶滅危惧1Bとなっています。

今やほとんど自生しているものを見る機会がありません。カクチョウランは、種子島が北限で、屋久島、奄美大島、沖縄、中国、インド、東南アジアなどに分布している大型のランです。

通常、尾根間などの谷間の湿地帯に自生しています。カクチョウランの開花は、4〜6月といわれており、すでに見頃は過ぎているものです。

鮮やかな紫色のバルブが目立ちますね。

カクチョウランの花期は、4〜6月とされています。こちら種子島でもほとんど見かける機会がありません。鶴が舞飛び立つような雰囲気を感じさせます。

カクチョウランの花

写真のカクチョウランの背丈は、60センチ以上あります。その二株に花をつけているものです。

カクチョウランの花

写真の場所は、カクチョウランが自生するには厳しい状況の環境です。スイレンが開花する時期に払われることです。

カクチョウラン
カクチョウランの花

珍しい大型のランですので、盗掘の多い植物です。やはり、自然のままで自生させるのが、その美しい容姿を楽しめるんですけどね。

2014.6.10〜