1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 5月の草花>
  4. シロバナノアサガオ
【科名】
ヒルガオ科
【和名・別名】
白花野朝顔 Ipomoea indica f.albiflora
【撮影日時】
2017年5月30日(火)/9時23分〜9時26分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡南種子町島間仲之町道沿い
【名前の由来】
花びらが白いノアサガオで名前が付けられています。
【コメント】
種子島の海岸付近に自生するシロバナノアサガオです。どこでも見かけるというものでもありません。
全般的に西海岸側で自生しています。花びらをよく見ると、薄いピンク色の筋があります。これが絶妙な色合いを見せています。
島間港に近い場所のものです。通常のノアサガオに比べて少ない自生です。
シロバナノアサガオ

通常のノアサガオと同様、ほぼ通年花を咲かせています。初夏のころが一番見ごろで美しいです。

シロバナノアサガオ花

海岸に近い県道588号線沿いに咲いているものです。全体的には、白くなっているのですが、淡いピンクの筋があります。

シロバナノアサガオ花・群生

通常のノアサガオに比べると、開花している花の数も少ないです。カメラも白いものは、苦手で白飛びを起こす寸前です。穢れな感じを受けてしまいます。

シロバナノアサガオ花・変種

シロバナノアサガオの変種でしょうか。すこし、青みがかったものも見かけました。【平成24年5月18日撮影】

シロバナノアサガオ群生

ほかの樹木に絡みつき群生しています。そして、白い花を多数咲かせています。

2014.2.7〜