1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 5月の草花>
  4. ヤブジラミ
【科名】
セリ科
【和名・別名】
藪虱 Torilis japonica
【撮影日時】
2017年5月2日(火)/11時10分〜11時20分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町油久西之町道沿い
【名前の由来】
***
【コメント】
ヤブジラミは、場所を選ばず普通に多く見かける草花で、日本全土に生えています。先端に白い花を多数つけています。花びらは5枚です。背丈は50〜70センチです。
ヤブジラミ

ヤブジラミの開花時期は、4〜7月です。高さは、29〜53センチです。道端の空き地に生えているものです。

ヤブジラミ複散形花序

茎は、よく枝分かれして、その先端部に複散形花序を出して、白い花をつけます。枝は8〜10本出します。

ヤブジラミ花・茎

花びらは、5枚で花序の外側のものが大きいです。写真からも確認できます。果実は、トゲが多数あり先端部は曲っています。

ヤブジラミの群生

竹藪の縁付近で群生していることが多いです。

ヤブジラミ茎・葉

葉は、長さ4〜10センチで、2〜3回羽状複葉です。また、葉には、まばらに白い毛があります。葉の色は、暗褐色です。

2013.12.21〜