1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 5月の草花>
  4. フランスギク
【科名】>
キク科
【和名・別名】
フランス菊 Leucanthemum vulgare
【撮影日時】
2012年5月4日/11時31分〜11時42分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市古田村之町道沿い、熊毛郡南種子町茎永種子島宇宙センター
【名前の由来】
***
【コメント】
フランスギクもよく見かけるようになってきました。原産地はヨーロッパといわれています。
花びらが大きくて見栄えもいいので、園芸品種と思われがちですが野花です。 日本には、江戸末期観賞用に持ち込まれ、寒さに強く、また繁殖力で旺盛で、それが野生化したものです。
特に改良された道路沿いで見かけます。種子島では咲いている場所限られています。
フランスギクの特徴は、たいへん丈夫で日本全国に分布しているといいます。花びらは真白でほんとうに綺麗です。通常群生しています。
フランスギク

開花時期は、5〜6月です。種子島では、日当たりのよい道沿いの土手付近で咲いていることが多いです。

フランスギク花

茎の先端部に頭花をつけ、白い花を咲かせます。花の直径は、5センチ前後です。花びらの数は、31枚です。

フランスギク茎・花

茎には、毛があります。花は、マーガレットによく似ています。その違いは、葉の形状に相違があります。【平成21年5月4日撮影】

フランスギク花・茎

オオキンケイギクと同様、種子島でもフランスギクの増殖が見られます。種子と地下茎で繁殖します。【平成21年5月4日撮影】

フランスギク花・茎

茎は、直立し基部で分岐します。高さは、30〜80センチです。根元には、根生葉があります。茎につく葉は、へら形で互生し鋸歯があります。

2013.12.15〜