1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 5月の草花>
  4. ムシトリナデシコ
【科名】
ナデシコ科
【和名・別名】
虫捕り撫子 Silene armeria
【撮影日時】
2016年5月31日(火)/11時22分〜11時27分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡西之表市上之原町道沿い
【名前の由来】
***
【コメント】
ムシトリナデシコは、道路沿いでよく見かける草花です。特に道路改善工事後に生えてきます。
周辺にまばらですが、きれいに咲いています。茎の上部に粘液が出ていて、ここに虫が付着するといいます。
5枚の花びらを蜜につけており、紅色で鮮やかさがあります。茎の高さは、50〜60センチくらいでしょうか。
今がちょうど見ごろを迎えています。
ムシトリナデシコ

ムシトリナデシコの花期は、5〜6月です。ヨーロッパ原産の帰化植物です。元来、江戸時代に観賞用として導入されたものが野生化したものです。

ムシトリナデシコ花

茎の背丈は、30〜60センチ前後です。その枝先に、直径約1センチの紅色の5枚の花びらを多数つけます。

ムシトリナデシコ茎・葉

茎の状況です。葉は対生し茎を抱いています。卵形の葉で先端部は少しとがっています。

ムシトリナデシコ花

5弁花の花を真上から撮影したものです。枝先に7〜8個の花をつけています。

ムシトリナデシコ花・茎

道端や海岸付近に生え、ヨーロッパ原産の1〜2年草です。茎や葉は、全体的に白く見えます。

2013.12.18〜