1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 9月の草花>
  4. オオオナモミ
【科名】
キク科
【和名・別名・学名】
大耳/Xanthium occidentale
【撮影日時】
2014年9月23日/8時39〜52分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市下西池野道沿い
【名前の由来】
***
【コメント】
オオオナモミは北アメリカ原産の一年草の帰化植物です。岡山県で1927年に初めて見つかり、それが全国に広まったとされています。
高さが1メートルを超える大型の植物で、少し湿った場所で群生することもあります。
茎は褐紫色を帯びるものが多く、葉には長い柄がありやや五角形をしています。
オオオナモミ

オオオナモミは、日当たりのよいやや湿っぽい場所で群生しています。開花時期は、8〜11月です。種子島の各地で見られます。

オオオナモミの果苞の画像

オオオナモミの果苞は長さ2センチ前後です。突起物が蜜についています。

オオオナモミの葉・花序画像

オオオナモミを真上から撮影したものです。葉の縁には、不揃いの鋸歯が見られます。

オオオナモミの茎・果苞の画像

茎は、それほど褐色に染まっていません。葉は互生し、卵形あるいは広卵形で、長い赤褐色の柄があります。葉腋から出て頭花をつけます。雌雄同株です。

オオオナモミの群生の全体画像

場所によってオオオナモミは、群生していますが、それがいくつも連なっていることはほとんどありません。【平成28年9月27日撮影】

2015.7.9〜