ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 9月の草花 > ヒメジソ

【 草花の諸データ 】

【科名】
シソ科
【和名・別名】
姫紫蘇 Mosla dianthera
【撮影日時】
2016年9月30日(金)/10時15分〜10時20分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市伊関又延道沿い
【名前の由来】
***

【 生態状況 】

山間の道路沿いで、見かけるヒメジソです。やや日陰で咲いており、花びらはとても小さいです。

茎や葉は、鮮やかな緑色です。茎は四角形で、荒い鋸歯が見られます。

静かな林で、ヒメジソが群生しています。

ヒメジソの花期は、9〜10月です。里山の道沿いや雑木林の縁などに生える1年草です。背丈は、高いもので、60センチほどです。

ヒメジソの花穂

茎の先端部や枝先に花穂をだし、白色の小さい唇形花をつけます。唇形花の長さは、約4ミリです。

ヒメジソの唇形花

ヒメジソの唇形花です。上唇は3裂し、内側には、2つの雄しべがあります。下唇は、2裂し、内側には、黄色の斑点があります。

ヒメジソ
群生したヒメジソ

葉は対生し、長さ2〜4センチです。幅は、1〜2.5センチの卵形で、縁には、鋸歯があります。

ヒメジソは、日本全土に分布するとされています。

2013.12.15〜