1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 9月の草花>
  4. サイヨウシャジン
【科名】
キキョウ科
【和名・別名】
細葉沙参 Adenophora triphylla var. triphylla
【撮影日時】
2016年9月27日(火)/10時52分〜11時10分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市西之表あっぽ〜らんど周辺道沿い
【名前の由来】
***
【コメント】
サイヨウシャジンは、主に、畑や道端の土手付近に生えています。かなり日当たりがいい場所です。
ツリガネニンジンによく似ています。
サイヨウシャジン

サイヨウシャジンの花期は、8〜10月です。高さは、写真のもので約60センチです。すっと伸びた枝先に釣鐘状の花を多数つけます。

サイヨウシャジンの花の画像

下向きに青紫色の花を、数個ずつつけます。花は長さ約1a強で下向きにつき、花冠の先は少しすぼまり、幅約1_の線状に萼片には細かい鋸歯があります。花びらの直径は、2センチほどです。

サイヨウシャジンの花の画像

茎の先端部の開花状況です。円錐状の花序を出し、数個の釣鐘状の花をつけます。

サイヨウシャジン根元の茎・葉の画像

根元付近の葉です。葉には、鋭い鋸歯があり、先端部はとがっています。葉の形は、細いものや楕円形など定まっていません。

サイヨウシャジンの多くの釣鐘状の花の画像

茎からよく分岐し枝を出します。その枝にまばらに釣鐘状の頭花をつけます。

2013.12.27〜