1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 9月の草花>
  4. アメリカセンダングサ

草花・植物の諸データ

【 科・属名 】
キク科センダングサ属の1年草
【 和名・別名・学名 】
別名セイタカタウコギ、Bidens frondosa
【 撮影日時 】
2016(平成28)年9月27日(火)/11時58分〜11時59分
【 撮影場所 】
鹿児島県西之表市国上野木平又延伊関線沿い
【名前の由来】
***

生態状況

アメリカセンダングサは、北アメリカ原産1年草の帰化植物です。現在、北海道から南西諸島ほぼ全域に、雑草として増殖しています。
種子島の道沿いでも、センダングサ類の雑草が近年異常増殖しています。

  • アメリカセンダングサ
    花期は、9〜10月です。やや湿り気のある空地や道端で、普通に生え、高さは、1メートルを超える大型の雑草です。ほかの雑草とともに生えていることが多いです。
  • アメリカセンダングサ茎・枝・葉
    上部の葉は、3出複葉で、下部の葉は、5出複葉で対生しています。
  • アメリカセンダングサの花
    花は黄色で、上部の枝先に1個つけます。花の直径は、5〜6ミリ前後です。
  • アメリカセンダングサの葉・頭花
    茎は、葉腋で枝を出しよく分岐します。枝の先端部に5〜6枚の葉をつけ、その葉腋に頭花を1個つけます。
  • アメリカセンダングサ茎・枝
    茎は、暗い紫色の角ばった形状で、高いもので、1メートルを超えています。葉には、長い柄があります。道沿いでは、強害雑草です。
2016.10.3〜