ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 9月の草花 > ニラ

【 草花の諸データ 】

【科名】
ユリ科
【和名・別名】
韮 Allium tuberosum
【撮影日時】
2016年9月27日(火)/12時57分〜13時31分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市国上桜園道沿い
【名前の由来】
***

【 生態状況 】

道端に生えているニラです。普通スーパーなどで見るニラとは少し感じが違います。

原産地は、日本、東南アジア、中国とされています。道端のものは、真のニラなのか、野生化したものか定かではないという。

茎を切って匂いをかいで見ると、やはりニラの匂いです。先端に純白の花びらを多数つけています。

ニラの開花時期は、8〜10月です。茎の先端部でよく枝分かれし、多くの花びらをつけます。背丈は、20〜30センチです。

ニラの花

先端部に多くの白い花びらをつけます。花びらの先端部はとがっています。

ニラの花

花被片は、先端部が尖り、長さは、5〜6ミリです。花の直径は、1.5センチ前後です。

ニラ
ニラの葉

韮の葉です。扁平な線形で、長さは、20〜30センチです。全体的に、独特の匂いがあります。

2013.12.19〜