ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 3月の草花 > ムサシアブミ

【 草花の諸データ 】

【科名】
サトイモ科
【和名・別名】
武蔵鐙 Arisaema ringens
【撮影日時】
2014年3月21日(金)/16時06分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町納官原之里宮吉良の石塔付近
【名前の由来】
武蔵の国で作られた鐙に似ているので由来しています。

【 生態状況 】

ムサシアブミは、マムシグサによく似ている草花です。少し日陰の湿っぽい場所に生息している多年草です。

種子島では、海岸に近い林の中で群生しています。マムシグサに比べて、全体的に薄緑色で高さもありません。花はマムシグサによく似ています。岸から少し離れた道沿いでも生えていることがあります。

ムサシアブミの花期は、3〜5月です。背丈は、20〜50センチです。日当たりの悪い林の湿地場所で群生しています。

ムサシアブミ

葉の中央部から花径をだし仏炎苞に包まれた花序を出します。それが、多数見られることもあります。

ムサシアブミの花

これは、若葉です。葉は2個つき、小葉は3個。葉柄は高さは、15?30センチです。次第に赤みを帯びていきます。

ムサシアブミ
ムサシアブミの群生

場所によっては、写真の如く群生します。全体的に有毒植物です。注意してください。

2013.12.18〜