ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 9月の草花 > ヒガンバナ

【 草花の諸データ 】

【科名】
ヒガンバナ科
【和名・別名】
彼岸花/別名マンジュシャゲ
【撮影日時】
2014年9月23日(火)/9時12分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市西之表岳之田、ほか
【名前の由来】
秋分の日の前後7日間の間に咲くことで付けられています。

【 生態状況 】

ヒガンバナの原産地は、中国大陸揚子江流域といわれています。ヒガンバナの特徴である赤黒いというか、赤紫色の重厚な色彩が感動を与えてくれます。まさに彼岸にふさわしい花です。見つめていると思わず合掌をしてしまいます。ところで、ヒガンバナは根が有毒植物になっています。取り扱いには注意が必要です。

秋の秋分の日前後に、一斉に開花します。自然界の不思議さを感じさせますね。

ヒガンバナの花びら

ヒガンバナは、葉があるときは花を咲かさず、葉がないときに花を咲かせる不思議な植物です。

ヒガンバナ

ヒガンバナは、場所によっては、群生することもあります。一面に咲いた様子は、赤一色に染まることもあります。

ヒガンバナ
ヒガンバナ

ヒガンバナは、日本全土に分布しているとされていますが、もともと日本にはなかったらしいです。帰化植物で、いつ頃渡来してきたかは定かでないとされています。

平成24年9月23日、10月6日に撮影したヒガンバナの動画です。ヒガンバナ、シロバナヒガンバナ、黄色のヒガンバナなどを収録しています。
なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。
種子島の野道に咲く花:ヒガンバナ(彼岸花)

2013.12.15〜