1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 9月の草花>
  4. セイバンモロコシ
【科名】
イネ科
【和名・別名】
西蕃蜀黍、Sorghum halepense
【撮影日時】
2016年9月13日(火)/13時54分〜13時56分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市住吉国道58号線沿い
【名前の由来】
***
【コメント】
セイバンモロコシの原産地は、地中海沿岸で多年草の帰化植物です。空き地や荒れ地に群生する大型の雑草です。
戦後、日本全国に急速に広がり、地下に長い根茎を伸ばしており、大変厄介な雑草のひとつとされています。
種子島でも多く見かける雑草です。
セイバンモロコシの群生した全体の画像

セイバンモロコシの花期は、8〜10月です。場所によっては、大群生します。高さは、1.3〜1.5メートルです。

セイバンモロコシ花序の画像

花序の長さは、50センチほどです。横から見ると、円錐状です。褐色の小穂を多数つけています。

セイバンモロコシ茎・葉の画像

セイバンモロコシの茎と葉です。茎はやや褐色を帯びており、光沢があります。葉は、線形で幅1〜2センチくらいで、中央に白い脈があります。

セイバンモロコシ根元部分の画像

セイバンモロコシの根部分を撮影したものです。ひとつの根から数本の茎が出ています。

セイバンモロコシの葉・茎の画像

葉の長さは、20〜60センチです。葉の縁には、鋸歯がなくざらつくことはありません。

2016.9.19〜