1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 9月の草花>
  4. コニシキソウ
【科名】
トウダイグサ科
【和名・別名】
小錦草 Euphorbia supina
【撮影日時】
2016年9月11日(日)/8時33分〜8時36分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡南種子町茎永農道沿い
【名前の由来】
ニシキソウより小さいことで付けられています。
【コメント】
コニシキソウは、通常の道沿いや畑、水田付近に生える雑草のひとつです。中には、庭先にも生えてくることもあります。北アメリカ原産の1年草です。
日本には、明治時代に渡来した帰化植物です。種子島でも多く見られます。
コニシキソウ

コニシキソウの花期は、6〜10月です。茎は、根元でよく分岐し、放射状に広がります。先端部はやや斜めに立つことが多いです。

コニシキソウの葉・茎の画像

道沿いのコニシキソウです。先端部は、約10センチくらいの高さにまで成長しています。横から見ると、階段状になっています。

コニシキソウの群生した画像

葉は、対生し、濁りのある緑色で、中心部に黒班があります。黒班が無いこともあります。そして、薄紅紫色の杯状花序をつけます。

コニシキソウの群生の画像

茎は、20センチくらいまで成長します。斜上して先端部は這い上がっています。小さな花には、ハチが寄ってきます。

コニシキソウの群生した画像

場所によっては、コニシキソウの群生が見られます。茎を切り取ると、白い樹液が出てきます。

2016.9.11〜