1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 9月の草花>
  4. ヒメマツバボタン
【科名】
スベリヒユ科
【和名・別名】
姫松葉牡丹/別名ケツメクサ Portulaca pilosa
【撮影日時】
2016年9月11日(日)/9時01分〜9時06分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡南種子町茎永農道沿い
【名前の由来】
マツバボタンより小さいことによる。
【コメント】
ヒメマツバボタンは、南アメリカ原産の帰化植物で、日当たりのよいやや湿り気のある水田付近場所に生えていることが多いです。
放射状に、、よく枝分かれして、地面を這うように伸びて、枝先に、紅色の花を一輪つけます。
ヒメマツバボタン

ヒメマツバボタンの花期は、8〜10月です。意外な場所で咲いていることが多いです。種子島でもこの時期にあちこち見かけますね。

ヒメマツバボタンの花の画像

ヒメマツバボタンの花です。一重5弁の紅紫色の花で、直径は、1〜1.5センチほどです。

ヒメマツバボタンの花や茎の画像

根元から茎が放射状に広がり、その先端部に、一輪の花を咲かせます。

ヒメマツバボタンの花・茎・葉の群生した画像

茎は赤褐色でよく枝分かれします。葉は互生し、披針形で肉質的です。葉の付け根には、白くて長い毛が多くあります。

ヒメマツバボタンの全体の画像

水田の農道に群生したヒメマツバボタンです。直径約60センチの円形状になっており、それがいくつもあります。

不思議なことに、この時期の農道は、ほとんど車の往来が一番少ない時期です。それを知っているかのように花を咲かす様子は自然の不思議です。

2016.9.29〜