1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 9月の草花>
  4. コゴメガヤツリ
【科名】
カヤツリグサ科
【和名・別名】
小米蚊帳吊 Cyperus iria
【撮影日時】
2016年9月23日(金)/11時28分〜11時30分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町野間中山水田
【名前の由来】
***
【コメント】
コゴメガヤツリは、水田の周辺及び中、水気のある畑、休耕田などに生えている一年草の雑草です。
カヤツリグサに似ていますが、穂がやや小さいこと、小穂の色が黄色っぽいこと、鱗片の先端が丸みを帯びていることなどです。
コゴメガヤツリの群生した画像

コゴメガヤツリの花期は、7〜10月です。種子島では、7月中旬には、稲の刈り取りが終了します。そのあと、他の雑草とともに水田一面に生えてきます。

コゴメガヤツリの花序の画像

写真は、真上から撮影したものです。葉は、細い線形です。

コゴメガヤツリの花序の画像

茎の先端部から花序を数本出します。その先に小穂を多数つけます。

コゴメガヤツリの花序の画像

茎は細くて硬く、高さ20〜50センチで、その先に花序をつけています。上部の分岐点で花序柄を数本出します。根元は褐色を帯びています。

コゴメガヤツリの群生した画像

水田では、ほかの雑草とともに、大群生しています。背丈は、25〜30センチほどです。

2016.9.23〜