1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 9月の草花>
  4. ヒロハフウリンホオズキ
【科名】>
ナス科
【和名・別名】
広葉風鈴鬼灯、広葉風鈴酸漿/別名センナリホオズキ Physalis angulata
【撮影日時】
2016年9月5日(月)/11時19分〜11時31分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市上西横山休耕田
【名前の由来】
***
【コメント】
ヒロハフウリンホオズキは、田んぼや畑でよく見かける草花です。畑の強害雑草です。
写真で分かるとおり、葉の横から薄黄色の花を咲かせています。葉には大きな鋸歯があります。
今は緑色の実ですが、やがて大きく膨らみ橙色に変化します。
ヒロハフウリンホオズキ

ヒロハフウリンホオズキは、熱帯アメリカ原産の1年草です。花期は、7〜10月です。近年田畑で見られる強害雑草となっています。

ヒロハフウリンホオズキの果実の画像

果実は、直径2センチで、脈が紫色を帯びます。

ヒロハフウリンホオズキの根元の茎付近の画像

根元付近の茎です。多くの脈があり紫色です。茎の形は、円形ではなくて、多角形になっています。そして、よく枝分かれしています。

ヒロハフウリンホオズキの全体画像

葉には柄があり互生し、卵形で先端は、鋭く尖っており、鋸歯が多くあります。

ヒロハフウリンホオズキの花

花は、葉腋に直径1センチの5角形杯形で、淡黄色を1個下向きにつけます。

2013.12.15〜