1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 9月の草花>
  4. ママコノシリヌグイ
【科名】
タデ科
【和名・別名】
継子の尻拭/別名トゲソバ Polygonum senticosum
【撮影日時】
2016年9月27日(火)/11時50分〜11時54分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市国上桜園道沿い
【名前の由来】
刺しで継子の尻を拭う草という意味です。
【コメント】
日当たりのよい道路沿いでよく見かける1年草のママコノシリヌグイです。茎の部分は茶色でトゲがたくさんついています。
花弁はなく、一つの花びらの直径は、5ミリ前後で薄紅色です。下部のほうは白くなっています。
ママコノシリヌグイの全体の画像

ママコノシリヌグイの花期は、5〜10月です。水気の多い場所で群生しています。高さは、50〜60センチです。

ママコノシリヌグイの花の画像

茎の先端部の枝先に花をつけます。花の上部は、ピンク色に、下は白くなっています。

ママコノシリヌグイ葉・茎の画像

葉と茎です。葉は互生し、三角形です。先端部はとがっています。茎は赤みを帯びて、トゲが多くあります。

ママコノシリヌグイの花の群生

葉腋から出た枝先に小さい花を10数個を総状につけます。

ママコノシリヌグイの群生した画像

ミゾソバにもよく似ています。付近一帯に群生しています。花期の長い草花です。

2013.12.18〜