1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 9月の草花>
  4. スベリヒユ
【科名】
スベリヒユ科
【和名・別名】
滑りひゆ Portulacea oleracea
【撮影日時】
2016年9月5日(火)/11時17分〜11時27分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市上西横山休耕田
【名前の由来】
茹でると粘液がでて滑りやすいことから、スベリヒユの名前の由来になっています。
【コメント】
日当たりのよい田畑、道沿い、庭先などに生える1年草の雑草です。雑草といっても食材として、または、漢方薬として利用されているものです。
茎は、赤みを帯び、地面を這いかうように先端部は、斜めに伸びています。高さは、約20センチです。
スベリヒユの群生画像

スベリヒユの花期は、7〜9月です。休耕田一面に群生しています。

スベリヒユ花・葉の画像

花は、枝先の先端部付近に、直径8ミリの黄色い花を咲かせます。茹でてお浸しにして食べられます。する。

スベリヒユ

曇り空なので、スベリヒユの花びらが開花していません。また、葉などが傷んでいます。周囲を見ると、水害にあったような気配です。

スベリヒユ

葉は、長さ1〜2.5センチのへら状で、茎から分岐した枝の先に9枚ほどつけます。

スベリヒユの群生画像

隙間のないほどに群生していますが、場所によっては、株を作るような状況で生えていることもあります。

2016.9.5〜