ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 9月の草花 > カワラケツメイ

【 草花の諸データ 】

【科名】
マメ科
【和名・別名】
河原決明/別名マメチャ、ネムチャ Chamaecrista nomame
【撮影日時】
2010年9月25日/11時16分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町納官春田
【名前の由来】
***

【 生態状況 】

農道沿いで、開花しているカワラケツメイです。写真で分かるとおり、葉の形は、クサネムによく似ています。

黄色の小さな花びらです。カワラケツメイの特徴は、整腸剤にもなる薬草です。実が熟してくる頃、刈り取って乾燥させ、それを煎じて飲むと健康にもいいと言われています。

日当たりのよく、少し湿った場所に生えています。

カワラケツメイの花期は、8〜9月です。通常、河原や道沿いで見かける多年草の草花です。

カワラケツメイの黄色の小さい花

葉のわきから、柄を出して黄色い5弁花をつけます。ほとんど、萎んでいることが多いです。花の直径は5〜7センチです。

カワラケツメイの先端部

葉は、偶数羽状複葉です。脈を中心にして、左右対称です。背丈は、30〜50センチほどです。【平成19年9月17日撮影】

カワラケツメイ
カワラケツメイの花

9月下旬ごろになると、果実もつけています。長さは、3〜4センチです。果実の縁は、やや赤みを帯びています。

2013.12.17〜