1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 9月の草花>
  4. アメリカアゼナ
【科名】
ゴマノハグサ科
【和名・別名・学名】
アメリカ畦菜/Lindernia dubia
【撮影日時】
2016年9月11日(日)/8時13分〜8時15分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡南種子町茎永水田
【名前の由来】
読んで字のごとく、アメリカから来たアゼナに由来します。
【コメント】
アメリカアゼナは、水田の畦の湿った場所に生える1年草です。水田の雑草の代名詞かもしれません。
葉には何本か鋸歯があります。葉も茎も全体的に緑色です。花びらは薄紫色で小さいです。
種子島の田んぼでたくさん見かける雑草です。
アメリカアゼナ

アメリカアゼナの花期は、6〜10月です。草丈は、高いもので20センチくらいです。水田で、他の雑草とともに生えています。

アメリカアゼナの花

花は、上部の葉腋につけ、直径約1センチの薄紫色の唇形花をつけています。

アメリカアゼナの群生

北アメリカ原産の1年草です。日本各地に分布します。

アメリカアゼナの花

葉は対生し、卵状楕円形で脈が目立ちます。また、短い葉柄があります。

アメリカアゼナの全体画像

葉には、鋭い鋸歯があります。これが、アゼナとの見分けになります。根元からよく枝分かれして、放射状に広がります。

2013.12.15〜