1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 9月の草花>
  4. シマイボクサ
【科名】
ツユクサ科
【和名・別名】
島疣草 Murdannia loriformis
【撮影日時】
2016年9月23日(金)/11時46分〜12時18分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町野間中山水田
【名前の由来】
***
【コメント】
シマイボクサは、鹿児島県から南西諸島各島、及び、台湾、南中国、インド、東南アジアに分布する多年草の水田植物です。
イボクサは、古代農耕(稲作栽培)とともに伝来した史前帰化植物の一つとされています。
水田のほか、畑地にも生えることもあるという。
シマイボクサ

シマイボクサは、ほぼ通年花を咲かせているといわれています。写真のものは、水田の縁付近で見つけたものです。地面を這いあがり斜めに伸びた状態です。

シマイボクサの花の画像

真上から撮影したイボクサの花です。美しい花並びになっているのです。

シマイボクサ茎・葉の画像

写真は、茎や葉を撮影したものです。茎は、根元付近で分枝し、匍匐して節から根を出しています。葉は、細い披針形で、先は鋭く尖っています。

シマイボクサの花・茎の画像

花は、茎の先端部につけ、薄い白紫色で、直径は8ミリ前後です。

シマイボクサの3個の花の画像

茎の先端部、葉腋から淡赤紫色の3弁花の花をつけます。シマイボクサは、鹿児島県の絶滅危惧植物に指定されています。大事な植物が種子島の水田で花を咲かせています。

2016.9.29〜