ツルソバ

ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 9月の草花 > ツルソバ

ツルソバ
【科名】
タデ科
【和名・別名】
蔓蕎麦
【撮影日時】
2005年9月13日/10時55分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市現和西俣市道沿い、A国上中目市道沿い、B庄司浦農道沿い
【写真情報】
画像サイズ[@41.5KB、A20.0KB、B29.5KB]、カメラ[@Canon IXY 50、ABNikon D300]
【名前の由来】
蕎麦に似ていることから付けられた名前です。
【コメント】
ツルソバは、1年の中で長期にわたって咲いている草花です。本当は海岸沿いに生えるようですが、ここ種子島では、どこでも海岸に近いので、あちこちでよく見かける草花です。
晩秋のツルソバ ツルソバの黒紫色のものは、そう果を包んだものです。種子島では海岸付近だけではなく、内陸部にも生えています。<--- 2011年11月27日(日)/14時13分写す... at D300+AC CLOSE-UP No.3
ツルソバの花期は、6〜11月といわれています。場所によっては、真冬でも立派に花を咲かせています。また、葉の色は、少し黒っぽいです。<--- 2011年1月10日/9時33分写す... at D300 真冬のツルソバ
2013.12.21〜