1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 9月の草花>
  4. ツルソバ

草花・植物の諸データ

【 科・属名 】
タデ科タデ属の多年草
【 和名・別名・学名 】
蔓蕎麦、Persicaria chinensis
【 撮影日時 】
2016年(平成28年)9月27日(火)/12時54分〜12時55分
【 撮影場所 】
鹿児島県西之表市現和西俣市道沿い、国上桜園道沿い、庄司浦農道沿い
【名前の由来】
蕎麦に似ていることから付けられた名前です。

生態状況

ツルソバは、1年の中で長期にわたって咲いている草花です。本当は海岸沿いに生えるようですが、ここ種子島では、どこでも海岸に近いので、あちこちでよく見かける草花です。

  • ツルソバ
    種子島では、海岸だけでなく内陸部にもごく普通に生えている多年草です。ほかの樹木などに絡みついていることもあります。したがって、高さは、不定です。
  • ツルソバの花を咲かせた画像
    葉は互生し、葉腋に枝を出し、その先端部に花序をつけ白い花を多数咲かせます。葉の大きさは、長さ5〜10センチの卵形、卵状長楕円形で、先はとがっています。
  • ツルソバの黒紫色の熟したそう果の画像
    開花が終わると、次第に果実が熟してきます。黒紫色のものは、そう果を包んだものです。【平成23年11月27日撮影】
  • ツルソバの花を咲かせた画像
    場所によっては、通年花を咲かせています。葉の色も薄い黄緑色です。【平成23年1月10日撮影】
  • ツルソバの花を咲かせた画像
    茎は、よく分岐し、地面を這うように斜上します。茎は赤みを帯びています。通常、群生します。【平成23年1月10日撮影】
2013.12.21〜