1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 9月の草花>
  4. サフランモドキ
【科名】
ヒガンバナ科
【和名・別名】
ゼフィランサス Zephyranthes carinata
【撮影日時】
2015年9月2日(水)/12時56〜58分
【撮影場所】
鹿児島県中種子町野間畠田、西之表市
【名前の由来】
***
【コメント】
サフランモドキは、西インド諸島やメキシコに自生する多年草で、観賞用の園芸品種です。
日本には江戸時代末期に渡来しています。導入時サフランと誤って呼んでいたらしく、その後、現在の名前に改められています。
サフランモドキは一見、弱々しい草花に見えますが、払ってもすぐに芽を出してきれいな花を咲かせてくれます。
したがって、可愛さの中にも生命力の強い花です。草花の中で好きなひとつです。本当に可愛らしい花ですね。
サフランモドキ

夏の草花を代表するサフランモドキです。花びらのピンク色が大変素敵です。通常、田んぼ、畑、そして道端の土手付近に咲いています。

サフランモドキの花の画像

サフランモドキの花期は、6〜10月とされています。場所によっては、少し群れて咲いていることもあります。【平成19年8月5日撮影】

サフランモドキの花の画像

サフランモドキの花がこんなにも集まって咲いていることは、非常にまれです。【平成16年9月1日撮影】

サフランモドキの群生した花の画像

花びらの直径は、6センチほど、雄しべは6個、そのうち3個は長く、残り3個はやや短いとされます。そして、雌しべの先端部は、三裂先しています。【平成30年5月25日撮影】

サフランモドキの群生した花の画像

茎は赤褐色で、直立して花を上向きに咲かせます。葉は、根生し線形です。高さは、15〜30センチです。【平成30年5月25日撮影】

2013.12.21〜