1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 9月の草花>
  4. ササキビ
【科名】
イネ科
【和名・別名】
笹黍 Setaria palmifolia
【撮影日時】
2016年9月30日(金)/9時13分〜9時15分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市榕城平田道沿い
【名前の由来】
葉が笹に、花序がきびに似ていることによります。
【コメント】
ササキビは、やや日当たりの悪い湿っぽい場所で、群生していることが多いです。高さは、1メートルを超える大型の多年草です。
九州、沖縄に分布するとされています。こちら種子島でも多くの道端で観察できます。
ササキビ

ササキビの花期は、8〜11月です。やや日当たりの悪い場所で群生することが多いです。草丈は高いもので、1〜1.5メートルです。

ササキビの茎や葉の画像

特徴は、イネ科の植物で、葉の幅が広いことです。7〜8センチで、長さは約60センチです。

ササキビの葉の画像

ササキビの葉は、縦に白っぽく見えるしわがあることです。写真でもはっきり確認できると思います。

ササキビの茎・葉の画像

茎に葉の付き方は写真のごとくです。茎や葉の裏には、短い毛があり、ざらつきます。

ササキビの群生した画像

花序は、薄緑色で長さは、20〜30センチほどです。茎には、短い毛があります。株を成すように、斜め放射状に群生しています。

2016.9.30〜