1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 9月の草花>
  4. キダチコンギク
【科名】
キク科
【和名・別名】
木立紺菊 Aster pilosus L
【撮影日時】
2008年9月13日/10時53分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市岳之田六番
【名前の由来】
***
【コメント】
キダチコンギクは、北アメリカが原産地で、朝動乱の頃入ってきたといわれています。種子島で多数咲いているか確認していません。
写真でも確認できますが、細い花びらで直径約1.5センチの草花で、横にしだれながら広がっています。
群れて咲いている姿は、大変美しい光景で、鮮やかな純白に感動です。
キダチコンギク

キダチコンギクの花期は、9〜11月です。暖地の道端や荒れ地に生える多年草です。高さは、30〜40センチです。

キダチコンギクの花の画像

茎の上部で枝分かれして、その先端部に頭花をつけます。直径は、約1.5センチです。

キダチコンギクの花の画像

キダチコンギクの先端部です。横に枝垂れるように伸びています。それが特徴です。

キダチコンギクの花の画像

葉は互生し、細い披針形で、先はとがっています。葉や茎には、白い毛があります。頭花の舌状花は、白色で29〜30個あります。

キダチコンギクの花の画像

付近一帯で群生していたものです。その後、見かけることがないので、現在は消滅した可能性が高いです。

2013.12.17〜