ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 9月の草花 > ナガバヤブマオ

【 草花の諸データ 】

【科名】
イラクサ科
【和名・別名】
長葉藪苧麻 Boehmeria sieboldiana
【撮影日時】
2010年9月25日/13時05分、2017年6月19日(月)/10時22分〜10時32分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市古田屋久川林道沿い、二本松市道沿い
【名前の由来】
ヤブマオに比べて、葉が細長いため付けられています。

【 生態状況 】

ナガバヤブマオは、通常山間部の道沿いで群生しています。葉は光沢があり、筋がはっきり目立っていることです。

背丈は、1.5メートル以下が多いです。夏から秋にかけて総状花序を出します。

なお、注意してみると、葉の大きいものと、小さいものがあります。また、写真でも確認できますが、害虫が発生し、葉を食い荒らしていることが多くて、まともに付いていないこともあります。

ナガバヤブマオは、里山の道沿いに生える多年草です。花期は、7〜10月です。背丈は、写真のもので、約100センチです。【平成22年9月25日撮影】

ナガバヤブマオ茎・葉

葉は対生し、葉腋から長い花序を出します。写真は、6月のころのものです。最初の出だしは、こんな感じです。すでに葉柄は、赤褐色に部分的に染まっています。

ナガバヤブマオ葉

葉は、長さ8〜17センチ、大きな卵形長楕円形です。縁には、鋭い鋸歯があります。三つの主脈がはっきり目立ちます。

ナガバヤブマオ

通常、大きな株を成すように生えており、古い茎の枯れたものも多く見られます。山間部の川沿いなどで多く見られます。

ナガバヤブマオ
ナガバヤブマオ群生

道沿いでは、傾斜地にグループを成すように点在していることもあります。

ナガバヤブマオ群生

全般的にやや日当たりの悪い道端で、群生していることが多いです。背丈は、2メートル以下です。

2013.12.19〜