1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 10月の草花>
  4. キツネノマゴ
【科名】
キツネノマゴ科
【和名・別名】
狐の孫 Justicia procumbens var. procumbens
【撮影日時】
2015年10月13日(火)/10時02分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市下西川迎道沿い
【名前の由来】
狐の孫
【コメント】
キツネノマゴは、通常、少し湿り気のある道端で見られる高さ20〜40センチの1年草の草花です。
紫色で唇のようなごく小さな花びらです。白い毛がたくさんあり、全体的に緑が鮮やかです。
キツネノマゴ

キツネノマゴの開花時期は、8〜10月です。通常、草むらの中でほかの植物とともに花を咲かせています。

キツネノマゴの花の画像

茎の先端部に穂状花序をつけ、花を数個つけます。淡い紅紫色の唇形花です。なお、すべて花をつけているものでもありません。

キツネノマゴの穂状花序・花の画像

開花した花は、1つの穂で、1〜3個くらいです。

キツネノマゴの群生・総状花序の画像

葉は、対生し長さ2〜5センチの柄のある卵形です。よく見ると、花の色が白いものもあります。

キツネノマゴの群生した画像

少し日当たりの悪い草地に生えています。茎は、葉腋でよく分岐してその先端部に穂状花序をつけ、花をまばらに咲かせます。

2013.12.17〜