ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 10月の草花 > アブラススキ

【 草花の諸データ 】

【科名】
イネ科
【和名・別名・学名】
油薄 Eccoilopus cotulifer
【撮影日時】
2016年10月19日(水)/9時36分〜10時04分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市古田上之町農道沿い
【名前の由来】
茎や花序から粘液を出して、油のような光沢があることによります。

【 生態状況 】

アブラススキは、通常、里山の農道沿いで多く自生しています。

日本全土に分布するとされる多年草です。

アブラススキの花期は、9〜11月です。背丈は、通常、120〜130センチです。高いもので、176センチの大型も見られます。

アブラススキの開花初期の花序

開花初期の花序です。13〜25.5センチです。枝から先端まで、1〜7センチです。【平成28年10月14日撮影】

アブラススキの小穂

小枝の部分は、1.2〜5.3センチです。穂の長さは、3.5〜4.7センチです。【平成28年10月14日撮影】

アブラススキの葉

葉の長さは、11.5〜79.5センチで、幅は、1.2〜2.3センチの線形です。葉の裏には、白い毛があります。縁は、ススキほどざらつきはなく、また、葉もやわらかいです。

アブラススキ
アブラススキの茎・葉

茎は、根元付近でやや曲りそのあとはほぼ直立です。根元付近に直径は、7〜8ミリです。

アブラススキの花序

アブラススキの花序は、枝垂れることが特徴です。花序の長さは、26.3〜28.0センチです。枝の数は、43本前後です。

2016.10.20〜