1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 10月の草花>
  4. セイタカアワダチソウ
【科名】
キク科
【和名・別名】
背高泡立草/別名セイタカアキノキリンソウ Solidago canadensis var. scabra
【撮影日時】
2007年10月27日/9時31分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市上之原町、現和武部、古田屋久川、池野広域農道沿い
【名前の由来】
***
【コメント】
セイタカアワダチソウは、北アメリカ原産の帰化植物です。戦後急速に、全国へと広まり野生化してしまったとされています。
日本の侵略的外来種ワースト100に、外来生物法で要注意外来生物に指定されている植物です。
セイタカアワダチソウの群生した画像

セイタカアワダチソウは、日当たりのよい道端、土手、傾斜地、場所を選ばずどこにでも生える多年草です。花期は、10〜11月です。草丈は、高いもので、2メートルを超えるのも見かけます。根からほかの植物の生育を、妨害する物質を出して、大群落をなしてるといわれています。

セイタカアワダチソウの花の蜜を吸っているアサギマダラの画像

蜜を求めて、アサギマダラもやってきます。蜜源植物として導入されたともいわれています。【平成22年10月9日撮影】

セイタカアワダチソウの群生の画像

2010年の夏は猛暑に見舞われ、例年に比べて植物の開花にも大きな変化を与えてきました。通常ならば、セイタカアワダチソウは、一斉に開花しているはずなのに、その年は、こんな風でした。【平成22年10月9日撮影】

花を咲かせたセイタカアワダチソウの群生の画像

人の高さ以上にまで成長します。茎は直立し、葉は互生し、上部の葉腋から総状花序を出し、直径約6ミリの黄色の小さい頭花を密につけます。【平成27年10月16日撮影】

セイタカアワダチソウの達がれた冬景色の画像

セイタカアワダチソウの冬景色です。立ち枯れしたものがそのまま残っています。

そのほか、セイタカアワダチソウは、切り花の材料、新芽と花は、食用にもなるという。また、花は入浴剤としても利用できるとか。【平成22年1月2日撮影】

2013.12.27〜