1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 10月の草花>
  4. ハイヌメリ
【科名】
イネ科
【和名・別名】
這い滑り/別名ハイヌメリグサ Sacciolepis indica
【撮影日時】
2016年10月20日(木)/10時04分〜10時19分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市鞍勇岳之田線沿い
【名前の由来】
茎が、横に広がりながら伸びて、葉をもむとぬるぬるすることによります。
【コメント】
ハイヌメリは、通常、水田などの湿地帯に生える1年草です。
写真の場所は、里山の水気のある道沿いです。水田以外でも水気が多いと生えていることがあります。
ハイヌメリ

ハイヌメリの花期は、8〜10月です。草丈は、25〜65センチです。茎の全体の長さでは、72センチもあります。

ハイヌメリの花序

ハイヌメリの花序です。長さは、2.7〜5.5センチで、幅は、3〜5ミリの円筒状です。花序の色は、薄緑色です。

ハイヌメリの茎・葉

葉は、長さ4.5〜10センチで、幅は、4ミリの線形です。

ハイヌメリの穂状花序

里山の道端で生えているものです。先端部の穂状花序が重たいのか、ほとんど垂れています。

ハイヌメリ

付近一帯に、まばらに生えていました。傾斜してそのまま直立して伸びています。

2016.10.27〜