ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 10月の草花 > シマニシキソウ

【 草花の諸データ 】

【科名】
トウダイグサ科
【和名・別名】
島錦草、Euphorbia hirta
【撮影日時】
2015年10月13日(火)/9時51分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市下西川迎道沿い
【名前の由来】
***

【 生態状況 】

シマニシキソウの原産地は、熱帯アメリカといわれており、1年草の草花です。日当たりのよいやや乾燥した場所に群生しています。

草丈は、30センチ前後で茎は赤褐色をして全体に長毛が密生しています。遠くから見ると、茶色っぽく染まっています。

シマニシキソウは、日当たりのよい畑の土手付近で大きな群れをなすことがあります。繁殖力も旺盛です。斜めに傾斜しながら伸びるのが特徴です。

シマニシキソウの花序

シマニシキソウの花は、短い柄の先に集散し球状となり杯状花序をつけます。

シマニシキソウの花

シマニシキソウの花期は、5〜10月です。葉の中央部の模様に特徴があります。

シマニシキソウ
シマニシキソウの群生

局部的に隙間もないほど密に群生することもあります。傾斜しながら伸びていきます。

2013.12.21〜