ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 10月の草花 > イヌタデ

【 草花の諸データ 】

【科名】
タデ科
【和名・別名・学名】
犬蓼/別名アカマンマ/Persicaria longiseta
【撮影日時】
2015年10月13日(火)/15時15分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市下西川迎道沿い、住吉上能野道沿い
【名前の由来】
役に立たないタデということで名前が付けられています。

【 生態状況 】

イヌタデの原産地は、中国、東南アジアといわれており、日本には、古代農耕(稲作栽培)栽培とともに渡来したといわれ、史前帰化植物の一つとされています。

草花の名前の中で、イヌとか動物の名前が付く草花は、利用価値がないものに付いています。この花もその名前が付いていますので、特に利用がない草花に見えますが、若い葉は、食べられるといわれます。

また、花言葉は、「あなたの役に立ちたい」ということです。

花期は、6〜10月です。通常の道端や草地でごく普通に生えている1年草の草花です。背丈は約50センチ。枝の先端部に、長さ1〜5センチの赤紫色の花穂を出します。

イヌタデの群生

イヌタデは、アカマンマとも呼ばれ、昔、ままごと遊びで赤飯に見立てたのが由来とされています。写真は、その花穂を写しています。

イヌタデの花びら

一般的にイヌタデは、群生して生えています。隙間もないほどほかの植物を寄せ付けていません。

イヌタデ
イヌタデの群生

道端では、ほとんど傾斜して伸びています。花穂の重みで枝垂れかかっています。

2013.12.15〜