1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 10月の草花>
  4. ミゾカクシ
【科名】
キキョウ科
【和名・別名】
溝隠/別名アゼムシロ、Lobelia chinensis
【撮影日時】
2015年10月16日(金)/14時55分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市榕城竹鶴道沿い
【名前の由来】
溝の近くに生え、その溝を隠すように繁殖することによります。
【コメント】
ミゾカクシは、水田に排水路付近の畦道に生えることが多い多年草の草花です。開花時期は、6〜10月です。
花は薄い紫色で、5つに分かれています。花びらはたいへん小さくて約1センチ前後です。
この草花は、有毒植物になっていますので、注意が必要です。
ミゾカクシの群生の画像

ミゾカクシは、水田のあぜ道で群生します。高さは、10センチほどです。日本全土の分布といわれています。

ミゾカクシの花の画像

淡い紅紫色の花を1個つけます。花冠は、1センチでほぼ同じ長さで5裂します。

ミゾカクシの雄花期の花の画像

写真の花は、雄しべのみで柱頭が見えていません。雄花期の花です。

ミゾカクシの群生の画像

茎に葉は、すべてではないが互生します。長さ1〜2センチの小さい披針形です。葉腋から少し長い花柄を出して頭花をつけます。草丈は、20センチ以下です。

ミゾカクシの花の群生の画像

地面を這うように増殖します。葉の長さは約2センチ、幅は2〜4ミリです。

2013.12.18〜