1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 10月の草花>
  4. タイワンホトトギス
【科名】
ユリ科
【和名・別名】
台湾杜鵑草 Tricyrtis formosana
【撮影日時】
2016年10月11日(火)/11時21分〜11時26分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市内
【名前の由来】
***
【コメント】
通常、タイワンホトトギスは、栽培用品種とされ、ホトトギスとタイワンホトトギスの交配種といわれています。
少し、日当たりのよい水気の多い場所で群生しています。
【注意】文中の数値データは、撮影時の実測値です。
タイワンホトトギス

タイワンホトトギスの花期は、8〜10月です。高さは、40〜65センチです。

タイワンホトトギスの花

茎の先端部に、4〜5個上向きに花をつけます。花被片には、紫色〜暗い紫色の斑点があります。

タイワンホトトギスの花

茎の先端部から枝が伸びてまた、その枝が分岐して花を5〜6個つけています。花被片は、風に弱くて、落下してしまいます。

タイワンホトトギス葉・つぼみ

葉の長さは、通常、4.5〜16センチで、幅は、3.4〜5.7センチです。中には、大きいもので、長さ23センチ、幅は、9.5センチです。

先端部につぼみを多くつけたタイワンホトトギス

現在、葉の先端部につぼみを多くつけています。これから、開花が楽しめます。

2016.10.14〜