1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 10月の草花>
  4. コセンダングサ
【科名】
キク科
【和名・別名】
小栴檀草 Bidens pilosa var. pilosa
【撮影日時】
2015年10月5日(月)/9時55分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市下西鞍勇道沿い
【名前の由来】
センダングサにより小さいことによる。
【コメント】
コセンダングサは、雑草の代名詞といってもいいでしょう。場所を選ばず至るところに咲きほこっています。原産地は、はっきり分からないと言われています。
もちろん、人家の庭先にも知らない合間に生えてきます。手がやける雑草です。花だけだったらいいのですが、花が枯れてくると刺しになり、これが服などに触れて突き刺ささると、とても気持ち悪いし痛いですね。
最近このコセンダングサが急速に広がりつつあります。何とも厄介な草花です。
コセンダングサ

コセンダングサは、場所によっては、群生することもあります。日当たりのよい場所では、やや小ぶりが多いようです。

コセンダングサの群生した全体の画像

やや日当たりの悪い雑木林の縁付近で、群生を見かけます。コセンダングサの中に、シロノセンダングサが混ざり込んでいることもあります。

コセンダングサ黄色の頭花の画像

茎の上部では、よく枝分かれし、その先端部に黄色の頭花をつけます。花びらをつけていないことが特徴です。また、先端部の葉は、披針形で先は鋭くとがっています。黄色から次第に、茶色に変色して、刺しができます。

コセンダングサの根元の葉・茎の画像

花期は、9〜11月といわれています。種子島の道沿いで、急速に増殖しています。写真は、根元付近を撮影したものです。葉の色が、紅色に変色していることもあります。

コセンダングサの頭花と刺しの画像

コセンダングサの頭花と刺しです。先端部がU字型になっており、衣類にくっつきやすくなります。

2013.12.17〜