1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 10月の草花>
  4. コミカンソウ
【科名】
トウダイグサ科
【和名・別名】
小蜜柑草 Phyllanthus urinaria
【撮影日時】
2015年10月13日(火)/9時12分〜10時43分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市下西川迎道沿い
【名前の由来】
小さい果実がミカンに似ていることによります。
【コメント】
コミカンソウは、通常の道端や畑などに生える1年草の草花です。日本には、古代農耕(稲作栽培)栽培とともに渡来したといわれ、史前帰化植物の一つとされています。
雑草の代表といってもいいかもしれません。畑、道端、だけでなく庭などに生えてくることもあります。
コミカンソウ

コミカンソウは、場所によっては、群生することもあります。花期は、7〜10月です。高さは、30センチぐらいです。

コミカンソウの果実の画像

コミカンソウの果実は、赤褐色です。果実が赤いことで全体的に赤く見えます。

コミカンソウ赤褐色の果実の画像

小葉の腋に赤褐色の果実を13個つけています。上部の葉のわきに雄花、下の葉のわきに雌花をつけています。

コミカンソウの画像

茎は赤みを帯び、複葉を互生します。葉腋から枝をだし小葉の腋に花をつけます。また、枝の方が赤みが強いです。

コミカンソウの群生した画像

通常、道端の草むらで群生しています。草丈は、15センチ以下です。一面赤く見えます。

2013.12.17〜