1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 10月の草花>
  4. スズメノコビエ
【科名】
イネ科
【和名・別名】
雀の稗 Paspalum scrobiculatum L
【撮影日時】
2016年10月20日(木)/10時19分〜10時27分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市鞍勇岳之田線道沿い
【名前の由来】
***
【コメント】
スズメノコビエは、通常、日当たりのよい道端、草地に生える多年草です。
また、日本在来種とされています。
【注意】文中の数値は、撮影時の実測値です。
スズメノコビエ

スズメノコビエの花期は、8〜10月です。草丈は、55〜105センチです。写真のものは、やや日当たりの悪い場所で生えています。

スズメノコビエの花序

茎の先端部に枝分かれして花序を4〜5個つけています。花序の枝は、長さ2.9〜4.7センチです。

スズメノコビエの枝の花序

写真は、枝の花序です。小穂を密につけています。長さは、2.5センチ前後です。

スズメノコビエの根元

根元付近を撮影したものです。茎は、赤褐色を帯びています。葉は、長さ20.7〜61センチで、幅は、6〜8ミリの線形です。

スズメノコビエ

茎は、細いため長いものは、土手などによりかかっていることもあります。写真のものは、根元から先端部まで、115センチあります。

2016.10.26〜