1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 10月の草花>
  4. イタチガヤ
【科名】
イネ科
【和名・別名・学名】
鼬茅 Poginatherum crinitum (Thunb.) Kunth
【撮影日時】
2016年10月28日(金)/12時58分〜13時02分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町増田十八番道沿い
【名前の由来】
***
【コメント】
イタチガヤの原産地は、中国南部、東南アジアといわれており、日本には、古代農耕(稲作栽培)栽培とともに渡来したといわれ、史前帰化植物の一つとされています。
通常は、里山の土手や傾斜地付近で、グループを成して群生していることが多いです。
【注意】文章の中の数値については、撮影時の実測値によります。
イタチガヤ

イタチガヤの花期は、8〜11月です。草丈は、14〜25センチの多年草です。一見すると、ヒメアブラススキによく似ています。

イタチガヤの花序の画像

花序の長さは、3.7センチほどで、毛の長さは、1.2〜1.5センチです。長い毛があるのが特徴です。

イタチガヤの葉の画像

葉の長さは、1.7〜3.5センチで、幅は、3ミリの披針形です。

イタチガヤ

茎は。細いけれど硬くて丈夫です。葉は緑ですが、花序全体は黄色っぽく見えています。

イタチガヤ

写真の場所は、比較的日当たりのよい道端の土手です。株を成すような塊で生えています。次第に、黄褐色に変色します。

2016.11.22〜