1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 10月の草花>
  4. イソヤマテンツキ
【科名】
カヤツリグサ科
【和名・別名・学名】
磯山点突/Fimbristylis ferruginea var. sieboldii
【撮影日時】
2011年10月27日(木)/9時44分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市立山野木海岸
【名前の由来】
***
【コメント】
夏から秋にかけて、海岸の岩場に生えるイソヤマテンツキです。高さは、20〜30センチくらいです。
株状に生えており、その中から枝が何本か出ています。
その先端に褐色の穂をつけています。小さな穂を4〜5個ぐらいつけています。
イソヤマテンツキ

海岸の岩場の石の隙間に根を張り株をつくり成長します。草丈は、20〜30センチの多年草です。

イソヤマテンツキの全体画像

イソヤマテンツキの株が点在しています。葉の枯れたのもあります。イソヤマテンツキの花期は、8〜10月と言われています。

イソヤマテンツキ全体画像

真上から見ると、茎は株から放射状に広がります。その先端部に褐色の小穂をつけます。

イソヤマテンツキの全体画像

茎の上部で二段に枝分かれし、長さ1〜1.5センチの小穂を30〜40個つけています。

イソヤマテンツキの小穂

葉は、茎より幅広くややかたいです。幅は約2ミリの細線形です。

2013.12.15〜