1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 10月の草花>
  4. アオチカラシバ
【科名】
イネ科
【和名・別名・学名】
青力芝 Pennisetum alopecuroides (L.) Spreng. f. viridescens (Miq.) Ohwi.
【撮影日時】
2016年10月28日(金)/13時11分〜13時15分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町増田十八番道沿い
【名前の由来】
***
【コメント】
アオチカラシバは、日本全土に分布するとされる多年草です。穂状の花序で、その剛毛が薄い緑色をしていることです。
種子島でも普通に道沿いで見かけます。
【注意】文章の中の数値については、撮影時の実測値によります。
アオチカラシバ

アオチカラシバの花期は、8〜11月です。草丈は、40〜86センチです。やや大型の道端に生える雑草です。

アオチカラシバの穂の画像

花序の長さは、16.5〜19センチです。幅は、5センチです。

アオチカラシバ根元の画像

根元部分を撮影したものです。葉は、長さ32〜50センチで、幅は、8ミリの線形です。

アオチカラシバの茎・葉の画像

通常、茎は株状になり、穂をつける茎が直立します。穂状花序を出す時には、上部の穂は枝垂れるようになり、茎も傾斜します。葉を抱く部分は白くなっています。茎や葉には毛はありません。

アオチカラシバ

通常、チカラシバとの違いは、穂状の色です。写真から分かるとおり、白っぽく見えるのが特徴です。

2016.11.22〜