1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 10月の草花>
  4. オオシンジュガヤ
【科名】
カヤツリグサ科
【和名・別名・学名】
大真珠茅 Scleria terrestris
【撮影日時】
2016年10月10日(月)/11時14分〜11時25分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市下西川迎農道沿い
【名前の由来】
実が球形で、真珠に見立てたものです。
【コメント】
オオシンジュガヤは、南西諸島に分布する大型の多年草です。
種子島では、林の縁付近の水気の多い場所で見られます。
オオシンジュガヤ

オオシンジュガヤの花期は、8〜10月です。高さは、56〜116センチです。写真の場所は、やや日当たりのよい水気の多い場所です。

オオシンジュガヤ総状花序

総状花序の長さは、10センチで、各枝の穂は、4.5センチです。痩果は球形で、白色、又は、灰色です。

オオシンジュガヤの茎

茎は、三角形で、節から葉がしっかりと抱いています。抱いた部分には、下向きに鋭いトゲが出ています。三角形なので、茎は丈夫です。

オオシンジュガヤの根元の茎

根元部分を撮影したものです。写真のごとく、茎は赤茶色に帯びています。

オオシンジュガヤ茎・葉

葉は、長さ35〜56センチで、幅は、1〜1.5センチの線形です。

2016.10.12〜