1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 10月の草花>
  4. アキノノゲシ
【科名】
キク科
【和名・別名・学名】
秋の野罌粟/Lactuca indica
【撮影日時】
2011年10月1日(土)/10時44分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市住吉能野農道沿い
【名前の由来】
秋に咲くノゲシに由来します。
【コメント】
アキノノゲシは、道路沿いで通常に見かける1〜2年草です。
日本には、古代農耕(稲作栽培)栽培とともに渡来したといわれ、史前帰化植物の一つとされています。
花びらは、直径2センチ前後、薄い黄色で多数つけています。普通の雑草も近くで見ると大変きれいなものです。
花を求めて、ミツバチが蜜を吸っていることもあります。
アキノノゲシ

アキノノゲシは、日当たりのよい野原や荒れ地に生える草花です。高いものでは、1メートルを裕に超えるのもあります。

アキノノゲシのそう果の画像

葉は、互生し先端部に2センチくらいの薄黄色の頭花を多数つけます。

アキノノゲシの花・そう果の画像

アキノノゲシの開花時期は、8〜11月です。種子島は暖地なので、これより早めに花を咲かせます。

アキノノゲシの花・そう果の画像

昼間は花を咲かせるが、夕方には萎んでしまいます。そう果の長さは約5ミリです。その先は赤褐色です。

アキノノゲシの花・そう果の画像

開花が終わると、白い綿みたいなそう果をつけます。

2013.12.15〜